経営者の頭の中

 2014-05-10
その会社は業績がV字回復した。

1年前は資金繰りに行き詰まる
寸前だった。

その時に経営者と一緒に
経営計画を立てた。

経営者は、計画書に数字を
入れてみると

「状況が良く分かる。」

と言っていた。

その半年後から
業績が良くなってきた。

資金繰りは改善した。

なにが言いたいかというと

「数字を把握しないままで
経営をしてはダメ。」

「経営者の頭の中に会社全体の
収支が存在していないとダメ。」

ということです。

これは、大きな会社のことを
言っているのではありません。

その会社も、従業員10人に満たない
会社なのです。



スポンサーサイト
カテゴリ :経営力を高める トラックバック(-) コメント(-)
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫