嫌われても大切な人たち

 2014-07-10
顧問先企業に訪問するやいなや

経理の女性たちから
熱いご相談があった。

海外企業を含めた
取引について

不透明な部分が
あるという。

経理の女性たちは

それを社長に指摘
したところ

社長は激怒して
しまったという。

話しをよく聞いてみると

特に不正なことが
あるとは思えない。

経理陣の細かい指摘に
社長が憤慨する気持ちも分かる。

しかし、中小企業の社長は
ワンマン(裸の王様)に
なりがちです。

納得いかないものに対して
徹底的に追及する経理陣は

会社にとって
大事な存在だと思う。
スポンサーサイト
カテゴリ :経営力を高める トラックバック(-) コメント(-)
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫