負の後継対策

 2014-09-04
社長も一定の年齢になって
くると

相続のことを意識する
ようになる。

会社の後継者問題は
もちろん

相続税や財産の分割の
問題もある。

これらのことを
考えるときに

会社の株や
社長個人の土地建物など

財産の方にばかり
意識が行きがちです。

しかし、とても重要で
忘れてはならないのが

借金の方なのです。

中小企業の場合は

ほぼ確実に、社長が
会社の借入金の
連帯保証をしています。

これも、負の相続財産
なのです。

会社の後継者は

これを引き継ぐという
ことを

十分に理解して

覚悟ができていないと
いけないのです。

また、社長は、現役のときに

連帯保証対策を講じて
おくべきなのです。
スポンサーサイト
カテゴリ :後継者対策 トラックバック(-) コメント(-)
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫