2つの経営者タイプ

 2014-09-12
毎月、事務所で経営哲学の
勉強会を行っています。

新しい仕事をするさいに

楽観的な人と

慎重な人がいます。

経営者として
どちらが好ましいでしょうか。

賛否両論があると
思いますが

私はどちらでも良いと
思っています。

ただし、経営者は、自分が
どちらのタイプであるかによって

楽観的な人は
慎重な人の意見も聴き

慎重な人は
楽観的な人の意見も聴く

ということです。

楽観的な人が楽観的な人と
話し合って決めてしまうと

失敗が多くなりすぎる。

慎重な人が慎重な人と
話し合って決めると

何も始まらない。

ちなみに私は

両方を備えていたいと
思っています。

楽観的すぎる経営には
慎重な意見を

慎重すぎる経営者には
楽観的な意見を

ということです。
スポンサーサイト
カテゴリ :経営力を高める トラックバック(-) コメント(-)
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫