気持ちのいいやり取り

 2014-10-25
「それは違います。」

「そのやり方は間違っています。」

否定から入って

「こうすればいい。」

「このようにすべきだ。」

などと、相手に理解させようと
する方法があります。

ここは、チャンスと

延々と説教したり、力説したり
します。

反対に

肯定から入って

褒めながら

本質を理解してもらおう

という方法があります。

「それはいいね。」

「なぜなら、〇〇だから。」

ついでに、ちょっと指導
したりもします。

「そのやり方もいいけど
こうすればもっといいね」

多くは言わず、相手に考えて
もらいます。

経営者として、上司として
指導者として、人として

どっちの方法を選びますか?
スポンサーサイト
カテゴリ :経営力を高める トラックバック(-) コメント(-)
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫