数字を信じる

 2015-06-13
人を採用して
新しい事業を始める。

社長は、その事業のことは
あまり分かっていない。

このパターンは
ちょっと危険です。

こういう場合は

社長は、その新事業の
収支だけは

絶対に常にチェック
しないといけない。

そして、少しでも
危険を感じたら

すぐに手を打つことです。

先延ばしにしてはいけない。

延ばすほど手が打ちづらく
なってくる。

本来の事業にまで危険が及ぶ。
スポンサーサイト
カテゴリ :経営力を高める トラックバック(-) コメント(-)
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫