FC2ブログ

従業員と良好な関係を築く②

 2007-09-21
優秀な人財を自社に留置くために


月1回開催する当事務所セミナーにて、今回は社会保険労務士の

先生に労務に関するお話をしていただきました。先生いわく


優秀な人財を満足させ自社に留置く

方法は、お金ではなく、ほめることです。



お金(給与)は、「不満足要因」にはなれど「満足要因」には

ならないようです。とてつもなく高額な報酬を与えれば

「お金」も「満足要因」になるでしょう。しかし、それほどの

人財が中小企業にいつまでも所属するケースは少ないのでは

大企業に行くか、独立するはずです。


じゃあ、なぜ「お金」は不満足要因になるのか?

それは、自分よりも実力や実績のない者が、自分よりも

多くの報酬を得ている場合に「不満足感」が湧き上がるのです。

これは年功序列制度が存在する限り、無くならないお話ですね。

反対に自分が、自分よりも実力の下の者よりも多くの報酬を

得ている場合は、「満足」でもなく「不満足」でもない状態だという。


先生いわく、「満足」を与えるためには


認めること。褒めること。


日本人には一番不慣れなことのようです。

でも、たったそれだけのことで、コストもかからず優秀な人財が

満足して、自社にいつまでもいてくれるなら、こんなにすばらしい

ことはないですよね。


次号も引き続き、当事務所セミナーでの講義内容をお話しします。

次号は従業員の「試用期間」に関する内容です。


財務会計・税金・開業手続・法人設立手続
資金調達・その他事業に関するご相談は


三和会計事務所ホームページ

個人営業の方も法人営業の方もお気軽にご相談ください

メールでのご相談は sakamoto@sanwa-ac.com

美容室財務応援ブログも書いています。







スポンサーサイト



コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://sanwasakamoto.blog119.fc2.com/tb.php/8-c261152d
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫