FC2ブログ

従業員と良好な関係を築く③

 2007-09-23
試用期間中でも社会保険は

適用しないといけないんですか?



セミナーにて、参加者の若手経営者から、このような質問が出ました。

毎月開催する当事務所のセミナーは、今回、労務関連をテーマとした

内容でした。さきほどの参加者からの質問に対し、講師の先生から

のご説明がありました。その内容を簡潔にお話しします。


質問の答えから先に言うと、試用期間だから、社会保険を適用

しなくても良いということにはなりません。

ただ、一般的に、「試用期間」を設けている会社は多いですね。

会社にとっても雇われた従業員にとっても、合う合わないを

判断する時間は必要ですから、当然に生まれてきた制度と言えます。


法律では、解雇予告なしに「解雇」と

言えるのは、雇い入れた日から14日間です。



ようするに、入ってから14日間の間であれば、会社側から無条件に

「明日から来なくていい」と言えることになります。


入社の前に、まず、有期雇用すれば

社会保険も適用しなくて済みますよ。



雇い入れる際に、まず、期間契約社員として、2ヶ月間の有期雇用

を活用すれば、その間は、社会保険を適用する必要もなく、また

無条件の即時解雇もOKです。


会社としては、まず、期間契約社員として採用し、その後さらに

試用期間を設ければ、最長2ヶ月と14日間、「明日から来なくてもいいよ」

と言えることになります。


今回のセミナーでは、労務関連をテーマとして、他にも、たくさん

講師の先生に、良いお話しをして頂いたのですが、このブログでは

このぐらいとしておきます。若い世代を対象として気軽に参加できる

セミナーです。興味のある方は、いつでもお問い合わせください。


財務会計・税金・開業手続・法人設立手続
資金調達・その他事業に関するご相談は


三和会計事務所ホームページ

個人営業の方も法人営業の方もお気軽にご相談ください

メールでのご相談は sakamoto@sanwa-ac.com

美容室財務応援ブログも書いています。



スポンサーサイト



コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://sanwasakamoto.blog119.fc2.com/tb.php/9-8c573f2b
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫